第1章 システムアーキテクチャ

Created
2021/6/29 13:22
Tags

はじめに

このページは学習中に「初めて知ったこと」「特に覚えておきたいこと」をメモしたページです。試験対策として網羅的な情報ではありません。
 
 

1.1 ハードウェアの基本知識と設定

BIOS(Basic Input Output System) 

マザーボードなどのフラッシュROMに書き込まれている=システムBIOS
現在では後継のUEFI(Unified Extensible Firmware Interface)が普及。メモリ制限やGUIが使える
  • OSを起動するためのプログラムをディスクから読み込んで実行
  • デバイスの動作を設定
  • 基本的な入出力制御
 

デバイスファイル

  • ハードウェアのアクセスを抽象化
  • /dev ディレクトリ以下にある。 udevという仕組みで自動的に作成される
  • /proc ディレクトリ以下にLinuxカーネルが認識しているデバイスに関する情報の一部が格納
    • 実体ファイルのない仮想的なファイルだがcatコマンドで閲覧できるものもある

USBデバイス

  • Universal Serial Bus
 

起動時のイベント確認

  • dmesgコマンドを使うとシステム起動時にカーネルがどのような処理を行ったか確認できる
Dockerイメージの起動オプションから変えなきゃいけないかも!